不倫するときにすべきこと、覚えておくべきこと

浮気したい時に相手を探す方法

不倫サイトに登録すれば、誰もがもれなくセックスフレンドを作ることができるかというと、当然そんなことはありません。それなりにすべきことはありますし、覚えておくべきこともあります。たとえばプロフィールです。面倒で、プロフィール作成を適当に済ませてしまう人も少なくはないでしょうが、実はこれをきちんとしておくだけで、出会いの可能性は大きく変わってくるのです。

不倫サイトに登録後求められるのは、自分の基本的な情報の入力のみ。その必須項目を入力しただけでは、出会いに繋がる良いプロフィールとはいえません。登録が完了したら、まずは自分のプロフィールを開き、そこから詳細設定のページへ飛びましょう。するとそこに、サイトが用意してくれた項目がいくつかあるはずです。趣味や特技、好みのタイプ、車の有無や、相手に求めることなど。それらの項目を、とりあえずすべて埋めましょう。

また、自己紹介文も、自分で考えたものに変えておいてください。デフォルトは「よろしく」というふうになっていますから、それを変更するのです。挨拶に始まって、登録した理由に続き、異性に求めることや、自分のアピールポイントを簡潔に書き込んで、最後は「気軽にメールしてください」と締めくくられている。こんな自己紹介文が理想的です。

このときのポイントは、どんな異性でもウェルカムというスタンスを取ることです。巨乳の人がいいだとか、なんでも奢ってくれる人がいいだとか、メールすることをためらわせるような要望はしないほうがよいでしょう。素敵なプロフィールを作っておけば、異性からメールの送られてくる確率も高まります。

それに加えて、異性へ送るメールも、毎度考えて作成してください。同じメールを複数の女性に送りつける男性がいますが、あれはうまくいきません。お金を無駄にするだけです。相手のプロフィールを読み込んで、「気が合いそう」と思ってもらえるようなメールを作ると、出会いの確率も上がるでしょう。

覚えておくべきこと

不倫サイトに登録し、体の関係を求めているといった女性の大半が、援助交際目当てであることは、覚えておくべきです。こういった女性は、「2回目からはタダ」などと言って近づいてきますが、それは真っ赤な嘘。とりあえず金が欲しいからと、セフレになることをちらつかせて、男に自分を買わせようとしているのです。つまり、その女に、同じ人と2回会うつもりはないんですね。

そうでなくとも、援助交際をする女性には、性格面でどこかしら欠陥があります。セフレにできるような人種ではありませんので、近づかないほうがよいでしょう。出会い系を使ってセフレを作るには、そういう見極めも肝心なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ